扇ゆらゆら干潟でダンス ハクセンシオマネキ 上天草

西日本新聞 熊本版

雌(手前)に向かって求愛のダンスを見せるハクセンシオマネキの雄 拡大

雌(手前)に向かって求愛のダンスを見せるハクセンシオマネキの雄

日本有数の生息地とされる上天草市永浦島の干潟

 上天草市松島町永浦島の干潟ではこの時期、ハクセンシオマネキの雄がはさみを一生懸命に振り、求愛のダンスを踊る。

 ハクセンシオマネキは体長約2センチの小さなカニ。雄は成長過程で片方のはさみだけが白く巨大化する。永浦島は、30万匹以上が群生する日本有数の生息地。繁殖期の6月下旬から8月中旬、はさみを振る動作が、白い扇を振って潮が満ちるのを呼んでいるように見えることが名前の由来という。

 近年、護岸工事などの影響で生息場所が減り、環境省のレッドリストでは絶滅危惧類に指定されている。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ