大崎事件再審取り消し 最高裁、高裁決定覆す 「弁護側鑑定を過大評価」

西日本新聞 一面

 鹿児島県大崎町で1979年に男性=当時(42)=の変死体が見つかった大崎事件の第3次再審請求審で、最高裁第1小法廷は殺人罪などで懲役10年が確定し服役した原口アヤ子さん(92)の再審請求を認めない決定をした。鹿児島地裁、福岡高裁宮崎支部は再審開始を認めていたが、最高裁は「弁護側が新証拠として提出した鑑定は確定判決の事実認定を覆す証拠ではない」として取り消した。地裁、高裁が認めた再審開始決定を最高裁が取り消すのは初めてとみられる。

 小池裕裁判長ら裁判官5人全員一致の意見。懲役8年が確定し服役した原口さんの元夫(故人)の再審開始も取り消した。いずれの決定も25日付。

 原口さんは逮捕後、一貫して無罪主張したが、確定判決は当時の鑑定を基に死因を窒息死と判断。親族の証言から「タオルによる絞殺」として有罪認定した。

 弁護側は3次請求で、遺体の写真などから別の死因を示した法医学鑑定を新証拠として提出した。男性は、遺体発見3日前に酒に酔って自転車のまま側溝に落ちており「転落事故による出血性ショック死の可能性が高い」と主張。高裁は、この鑑定を根拠に親族証言の信用性を否定、再審開始を決めた。

 最高裁決定は、弁護側鑑定について、腐敗が進んだ遺体の写真を根拠にしたことから限定的な情報しか得られなかったと指摘。死因を認定する証明力には限界があるとし「無罪を言い渡すべき明らかな証拠には当たらない」と結論付けた。

 高裁決定については「この鑑定を過大評価して結論を導いており、不合理と言わざるを得ない」と批判した。

 大崎事件の再審請求を巡っては、第1次請求でも地裁が再審開始を認めたが、高裁支部が取り消し最高裁で確定。第2次請求も退けられた。

【ワードBOX】大崎事件

 1979年10月15日、鹿児島県大崎町で農業の男性=当時(42)=の遺体が自宅横の牛小屋の堆肥から見つかった。県警は義姉の原口アヤ子さん(92)と元夫ら親族計4人を殺人や死体遺棄の疑いで逮捕。原口さんは一貫して否認したが81年に懲役10年が確定し満期服役した。95年に第1次再審請求。2002年に鹿児島地裁は再審開始を認めたが、福岡高裁宮崎支部が取り消し、第2次請求も退けられた。15年7月の第3次請求で、鹿児島地裁、福岡高裁宮崎支部が原口さんと元夫の再審開始を認めていた。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ