ビーフシチュー風コロッケ7月発売 佐世保鎮守府130年記念

西日本新聞 長崎・佐世保版

 旧海軍佐世保鎮守府開庁130年を記念し、食品メーカー「味のちぬや」(香川県三豊市)は「佐世保ビーフシチュー風コロッケ」を7月から販売する。監修した佐世保観光コンベンション協会と同社の関係者が27日、佐世保市役所で商品を披露した。

 ビーフシチューは、佐世保鎮守府司令長官を務めた東郷平八郎が留学先の英国で食べたことが、日本で調理されるきっかけになったといわれる。佐世保観光コンベンション協会が、全国のご当地コロッケを販売したことがある同社に商品開発を依頼した。

 和風デミグラスソースをベースに、こくのある味に仕上がった。同社商品管理課の元木克彦課長は「記念の年に販売させていただきうれしい。食の楽しさを伝えたい」と話した。

 7月1日以降、長崎、佐賀のスーパーエレナで購入できる。冷凍5個入り338円(税別)。店頭で調理して販売することも予定している。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ