日田彦山線復旧、一部住民「BRT希望」 説明会で表明へ

西日本新聞 社会面

 2017年7月の九州豪雨により一部区間で不通が続くJR日田彦山線の復旧について、被災した大分県日田市大鶴地区大肥町(82世帯184人)の住民が早期復旧に向けて「(鉄道をあきらめて)バス高速輸送システム(BRT)などバスでの復旧を希望する」との意向を29日に表明することが分かった。

 JR九州が示した鉄道、BRT、バスの三つの復旧案について、日田市が29日に行う住民説明会で明らかにする。大分県の広瀬勝貞知事はこれまで鉄道での復旧をJRに求めつつ「まずは住民の意見を聞く」と説明。日田市全体では鉄道を求める声が根強いが、被災地の一部からBRT要望の声が出ることで、知事の意向がBRTを含めたバスに傾く可能性がある。

 関係者によると、九州豪雨で川が決壊して甚大な被害が出た大鶴地区では、川の氾濫を防ぐ分水路(延長約500メートル)の建設計画を県が決定。分水路は日田彦山線の鉄路に並行して整備する計画だったが、復旧方法が固まらないために整備位置が決められず、21年度としている完成目標がずれ込む恐れが出ている。

 同地区のうち県境近くの大肥町の住民は「再び災害に遭わないよう河川改修を急ぐべきだ」と強調。鉄道より費用が安く、比較的早期に整備できるBRTなどでの復旧の支持を4月の自治会総会で決めた。総会に出席した班長の一人、堀義幸さん(68)は「不安な日々を過ごすのにも限界がある。BRTを求める方が現実的だ」と訴えている。

 日田彦山線の復旧を巡っては、沿線の福岡県東峰村の渋谷博昭村長らが鉄道での復旧を強く要望。JRの青柳俊彦社長は財政上の問題などから鉄道での復旧は事実上困難との認識を示しており、復旧方法を決める前段として、住民の意向を聞く住民説明会が沿線で開かれる。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ