梅雨空を彩るネムノキの花 五島市

西日本新聞 長崎・佐世保版

 五島市でネムノキの花が見頃を迎え、梅雨空を彩っている。化粧道具のハケのようなピンク色の花が人々の目を楽しませている。

 ネムノキはマメ科の落葉高木。夜になると眠るように葉を閉じる様子から、その名がついた。「ねぶ」とも言われ、江戸時代の俳人、松尾芭蕉が「奥の細道」で「象潟(きさかた)や 雨に西施(せいし)が ねぶの花」と詠み、雨が似合う花としても知られる。

 同市戸岐町の海岸沿いでは、雨にぬれる花々を楽しむ通行人の姿が見られた。 

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ