続く大雨土砂災害警戒 熊本、大分で線状降水帯

西日本新聞 社会面

九州7県の予想48時間雨量(最大) 拡大

九州7県の予想48時間雨量(最大)

 梅雨前線の停滞で、九州地方は30日、熊本県や南部を中心に大雨となり、雨量が多い地域では土砂災害の危険性が高まっている。気象庁によると、熊本、大分両県付近で同日朝、積乱雲が連なる「線状降水帯」が発生したとみられ、各地で24時間雨量200~250ミリを観測した。前線は今後も数日間にわたり九州付近に停滞。雨量はさらに増える見通し。気象庁は身を守る行動を早めに取るよう呼び掛けている。

 気象庁によると、30日朝にかけて九州の中央部を発達した線状の雨雲がゆっくり通過。これが熊本県を中心に1時間に50~60ミリ前後の非常に激しい雨を降らせた。同県宇城市では同日朝、観測史上最大となる3時間雨量148・0ミリを観測。同県南阿蘇村では午後4時までの総雨量が280・5ミリに達した。

 梅雨前線は九州付近を南北に移動しながら停滞。この前線に向かって、南から大量の暖かく湿った空気が次々に流れ込んでいる。7月1日夕までの24時間予想雨量は九州北部で最大250ミリ、南部で同200ミリ。2日夕までは北部、南部ともに同150ミリ。

 梅雨前線の活動が活発な状態は3日ごろまで続き、局地的に雷を伴う激しい雨が断続的に降る見込み。4日以降も雨が降り続く恐れがある。これまでの大雨で既に土壌が緩んでいる所があり、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

PR

PR

注目のテーマ