番外の飾り山笠御神入れ 櫛田神社

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福博の夏を彩る博多祇園山笠の開幕前日となった30日夕、福岡市博多区上川端町の櫛田神社で、境内の飾り山笠(番外)に神様を招き入れる「御神入れ」の神事が行われた。その後神社近くの通り沿いに設置された祭りのちょうちんが点灯され、博多の街は早くも祭りのムードに包まれた。

 時折強い雨が降るなか、境内の山小屋前で行われた神事には、博多祇園山笠振興会(豊田侃也(かんや)会長)の役員や、舁(か)き山笠七流(ながれ)の総務など関係者が参列。阿部憲之介宮司が祝詞を上げ、関係者らが玉串をささげた。豊田会長は「いよいよ令和最初の山笠が始まる。無病息災で安心安全の山笠になるよう努めたい」と決意を新たにした。

 土居通りや明治通り沿いには、祭りのちょうちんを約600個設置。御神入れの後、冷泉公園(博多区)前で行われた点灯式には、同振興会の役員らが参加。はじめに「博多祝い唄(うた)(祝いめでた)」を歌った後、豊田会長がスイッチを入れると、「博多祇園山笠」と書かれたちょうちんに明かりがともった。

 祭りは1日に飾り山笠が一斉に公開され、舁き山笠は10日に始動。11日の朝山と他流舁き、12日の追い山ならし、13日の集団山見せと続き、15日の追い山でクライマックスを迎える。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ