西鉄天神大牟田線が全線開通80周年  復刻ヘッドマークの記念列車運行

西日本新聞 夕刊

 西日本鉄道が運行する天神大牟田線が1日、全線開通して80周年を迎えた。同社は同日午前、福岡県久留米市の花畑駅で記念式典を開催。記念電車を出発させ、ホームの見物客から拍手が送られた。

 天神大牟田線は1924年、西鉄の前身である九州鉄道が福岡-久留米間で営業を開始。39年に大牟田までの74・8キロ(支線は含まない)で全線開通した。

 記念電車は、59年に運行を始めた特急が掲げていたヘッドマークのデザインを“復活”させたマークを付けて運行。野口博文久留米管理駅長と、三潴保育園の園児3人の合図とともにホームを出発した。記念電車は1台限定で9月30日まで運行する。

 花畑駅では8月25日まで、改札口内のスペースで同線の歩みを振り返るパネル展も催され、土日祝日には鉄道模型での運転体験などもできる。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ