タイの不敬罪、今年は逮捕ゼロ 「異変」の背景とは

西日本新聞 国際面

 王室批判を厳しく禁じ、表現の自由を侵害していると国内外から懸念されてきたタイの不敬罪の摘発を当局が抑制していることが分かった。理由は、5月に正式に代替わりした国王の「指導」。2014年の軍政発足後、恣意(しい)的と批判されてきた不敬罪の適用をなぜ今、控えるのか。立件基準があいまいで刑罰が重い上、王室の不可侵性とも結び付いて市民やメディアからタブー視される不敬罪。「異変」の背景を探った。 (バンコク川合秀紀)

 「実は、112条はもう使わない方がいいと上から言われているんだ」

 昨年半ば。タイのある大学教授は、非公式に助言を求めてくる警察幹部からこう告げられ、驚いた。

 不敬罪を定めた刑法112条。「上」とは誰か、教授も分からなかったが「統計データに加え、この警察幹部の証言。112条に大きな変化が起きている」。

 教授が言う通り、データでも変化は明らかだ。人権問題を調査するタイの非営利団体「iLaw」によると、不敬罪での逮捕・起訴は12年が1人、13年は2人だったが、軍政が発足した14年には24人と一気に急増。以降、15年36人、16年16人、17年21人と続いた。

 一般市民のほか、政権の座から追われたタクシン元首相派の政治家、反軍政活動家も含まれる。直接的な王室批判だけでなく、インターネット上で前国王の愛犬をからかったり、国王の経歴に触れた海外メディアの記事を共有したりした人も逮捕された。軍政側が権力批判を抑え込むため、不敬罪を恣意(しい)的に適用した可能性も指摘される。

 しかし、昨年は9月の1人だけ。以降、現在まで摘発は確認されていない。

    ■    ■

 「国王の警備を任された男」-。5月26日、変化を裏付ける記事が英字紙バンコク・ポストに載った。

 昨年10月にタイ警察が新設した王室警備専門部隊トップに対してのインタビュー記事で、多くは彼の経歴や王室への尊敬の念に関する内容だったが、記事の終盤、不敬罪に関する驚きの発言が紹介された。

 「112条はもろ刃の剣になりうるため、これで告発される人を見たくない」「誤った情報を聞いたり、誤解したりしている人々がいるため、112条に関した処罰は行われるべきではない」などと「国王が指導された」というのだ。

 これは、112条には問題点もあると半ば認めたことを意味する。タイ国内では以前から、人権派弁護士らが112条の修正や廃止を要望。外国人も処罰の対象になるため、欧米や国連は「表現の自由を侵害し、国際法と相いれない」などと批判していた。

 匿名で取材に応じた複数の専門家は、5月の国王代替わりと7月半ばの軍政からの民政復帰という重要な節目をにらんだ判断との見方で一致する。ある識者は、外国人が最も読む英語媒体で報じられたことに注目。「いいタイミングでタイの変化を海外にアピールできたのは事実」と語る。

 そもそも、王室行事以外で国王のこうした発言が報道されるのは極めてまれ。複数の大手タイ字紙は報じておらず、後追いもしていない。ある大手紙の担当者は「この内容を出す勇気はない」と漏らした。

    ■    ■

 タイで最も有名な不敬罪の被告の1人、文筆家のシラポップ氏(56)が6月11日夜、保釈された。

 クーデターから約1カ月後の14年7月、ブログなどに書いていた文章や詩が前国王の中傷に当たるとして逮捕された。当時、プラユット首相を「国賊」と非難したグループの一員で、勾留期間は現在勾留中の不敬罪被告の中でも最も長い4年11カ月に及んだ。

 軍事法廷での裁判がまだ続いており、過去7回の保釈申請は却下された。今回、保釈が突然認められた理由は不明だ。ただ申請書類には、国連人権理事会の作業部会が公表したシラポップ氏の長期勾留を批判する声明も添えられた。

 弁護士や娘同席の下、取材に応じたシラポップ氏はリラックスした様子で「支援者、そして国際社会の働きかけのおかげで保釈された」と笑顔を見せた。

 今回の保釈は不敬罪を巡る「変化」と同じ動きなのか。表現の自由が今後広がる兆しなのか。この問いには言葉を選びながら答えた。「誰かが今のタイを『クリーンな国』だと見せるために、私を使ったのかもしれない。本当に評価できるかどうか、今後も見続けなければいけない」

 ●別の法律での摘発増加 「表現の自由」制限へ監視も

 首都バンコクの郊外に住む主婦パトナリさん(43)は2016年5月に不敬容疑で逮捕され、今も裁判が続く。「なぜ、普通の主婦で、政治に興味もない私がこんな目に遭うのか」

 フェイスブックを通じて、知人が王室や軍政を批判するメッセージを送ってきた。危険だと思ったが制止すると投稿が続くと思い、軽い相づちを意味する「ジャー」とだけ返信した。そして、逮捕された。

 彼女の息子は、軍政批判を続ける若手活動家の代表格シラウィッチ氏(27)。「だから私は逮捕されたのかもしれない」。息子も6月、数人組の男たちに襲撃されて負傷している。

 不敬罪を規定する刑法112条について、どう思うかを聞くと予想外の答えが返ってきた。「タイに王室がある以上、112条は必要だと思う」。その上で「でも、何をやったらダメなのかはっきり書いてない。明確にすべきだ」

 バンコクから車で約1時間。車用洗剤の販売会社を経営するユッタプームさん(42)も9年前に不敬容疑で逮捕された経験がある。前国王に関する文章が記載されたCDのラベルにいたずら書きをした疑いだった。

 身に覚えがなく、結局は公訴棄却となったが、数年間、身柄を拘束された。拘置所には有名な反政府活動家もいた。政治に関心はなかったが懇意になった。自由の身になった後も時々、食事を共にした。

 14年のクーデター直後、警察から「なぜ不敬罪で捕まった活動家と今も会っているのか」と聞かれた。監視されていた。ユッタプームさんは「無関係の市民が巻き込まれないため、王室が本当に尊敬されるためにも、112条は改革が必要だ」と感じている。

    ■    ■

 「人権のためのタイ弁護士」を名乗るグループの代表を務めるヤオラック弁護士(52)は、最近の112条を巡る“軟化”の動きを懐疑的に見ている。

 「112条以外の法律で取り締まるケースが増えている。表現の自由を制限し、政府を批判する人たちを脅すような実態はあまり変わっていない」

 ヤオラック氏によると、刑法の扇動罪や、コンピューター犯罪法を適用した摘発が112条に代わって目立っているという。

 当局の締め付けも水面下で続いているようだ。グループがまとめた「サイレント・ハラスメント(静かなる嫌がらせ)」という調査によると、5月の国王戴冠式の前後、不敬罪や反政府活動などで摘発されたことがある人に対し、当局は監視を行っていた。把握できた監視事案は27人、38件。予告なしに自宅を訪れ、行動予定などを聞き、時には家族の写真を撮影。「何もするな」と告げた。監視対象リストを見せられた人もいる。

 保釈された文筆家のシラポップ氏を取材した6月22日。シラポップ氏は記者と待ち合わせをしたカフェで、先に来ていた知らない男から携帯で撮影されたという。男は記者が来ると、しばらくして去った。

    ×      ×

 【ワードBOX】タイの不敬罪
 タイの憲法は、国王について「崇敬され神聖な地位にあり、何人も侵すことはできない」と定める。不敬罪と呼ばれる罪は刑法112条に規定され、国王、王妃、王位継承者らを中傷したり、侮辱したりすることを禁じている。違反者は1件当たり最長15年の禁錮刑を科される。日本にも過去に同様の不敬罪が存在したが、第2次大戦後の1947年に廃止された。

PR

PR

注目のテーマ