野党合同で街頭演説 参院選佐賀

西日本新聞 佐賀版

 4日公示の参院選佐賀選挙区(改選数1)に元職犬塚直史氏(64)を擁立する国民民主党など野党各党は1日、佐賀市内の交差点で合同の街頭演説をした。国民、社民、共産の県組織幹部や市民連合さが、オスプレイ佐賀空港配備計画に反対する住民ら約50人が参加し「佐賀から政治の流れをつくろう」と訴えた。

 共産県委員会の今田真人委員長は「犬塚さんを佐賀の代表としてぜひ送り出してほしい」、社民県連合の徳光清孝幹事長は「非正規労働者が増え格差が広がるばかり。政権交代の始まりになる選挙にしよう」と呼び掛けた。

 佐賀選挙区には、自民現職山下雄平氏(39)も立候補を表明している。 

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ