九州続く厳戒 総雨量900ミリ超も 大雨特別警報の可能性 早めの避難呼び掛け

西日本新聞 夕刊

 梅雨前線の活動が一段と活発になり、九州地方は3日から4日にかけて、広い範囲で記録的な大雨となり、土砂崩れや河川の氾濫などの大規模災害が発生する可能性が高まっている。降り始めからの総雨量は多い所で700~900ミリに達し、広い範囲で地盤が緩んでいる。気象庁は重大な災害が迫る恐れがある場合に最大級の警戒を促す「大雨特別警報」を発表する可能性を示し、危機感を表した。事態が切迫する前に避難し、命を守る行動を取る必要がある。

 同庁は大雨特別警報を出す可能性がある地域として「熊本県と鹿児島県」「九州北部と西日本太平洋側」と言及。「特別警報が出た時点では既に災害が発生している可能性が高く、避難するには遅すぎる」として早めの避難を呼び掛けた。

 同庁によると、梅雨前線は3日、九州北部付近まで北上。九州の南と、東シナ海付近から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が一段と活発化する。東シナ海では積乱雲が次々に発達し、3日夜から4日にかけて九州付近に流れ込む見通し。全域で局地的に雷を伴う猛烈な雨や非常に激しい雨の恐れがある。

 降り始めからの総雨量は3日午前11時現在、宮崎県えびの市で940・5ミリ、鹿児島県薩摩川内市で724・0ミリ、熊本県湯前町で465・5ミリ、長崎県雲仙岳で271・0ミリ、大分県日田市で214・0ミリ。広い範囲で記録的な大雨が続いている。

 九州各県の4日昼までの24時間予想雨量は、鹿児島350ミリ▽熊本、宮崎300ミリ▽福岡200ミリ▽大分180ミリ▽長崎150ミリ▽佐賀120ミリ。その後、5日昼までの24時間は九州南部で最大100~200ミリ、北部で同50~100ミリ。前線は6日にかけて九州付近に停滞し、総雨量がさらに増える可能性がある。

 既に地盤が緩んでいる地域では1時間に数十ミリ程度の雨が続くと、災害発生の危険性が一気に高まる。4日にかけて予想される1時間雨量は九州北部、南部ともに最大80ミリ。同庁は低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも厳重な警戒を呼び掛けている。 

鹿児島県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ