男性のスキンケア 水分少ないと脂っぽく 日傘で紫外線カット

西日本新聞 くらし面

 40代後半男性です。最近、男性のスキンケアの話題を聞くことが増えました。何から始めたらいいですか。

 猫の小町と申します。皆さんがお困りのことをたちまち解決していきます。

 岩田屋本店(福岡市・天神)の「アラミス ラボシリーズ」販売員、阿部里絵さん(39)に、男性スキンケアの基本を聞きました。

 顔が脂っぽい、ひげをそったら痛い、といった悩みで来店する人が増えているそうです。肌の状態を専用の機器で分析すると、多くがTゾーン(額や鼻)は皮脂が過剰、口の周りは乾燥しています。

 男性は皮脂分泌量が女性の約2倍といわれる一方、口元は日々のひげそりで角質層の一部が削れ、乾燥しがち。赤みが出たり粉っぽくなったりします。皮膚も厚いため、年齢とともに深いしわができやすい特徴も。日中ノーメークで汚れた外気や紫外線が直接肌に触れ、ダメージも大きいです。阿部さんは「女性以上にケアを」と呼び掛けます。

 「既に脂っぽいから何も付けなくていい」と思いがちですが、水分が少ないと肌を守ろうと皮脂が過剰分泌されるため、保湿が肝心です。

 基本のケアは(1)洗顔(2)化粧水(3)乳液。朝晩の2回行います。慣れると1回3分ほどでできます。

 (1)洗顔

 ひげそりの前にします。顔と手をぬらし、洗顔料をしっかり泡立て、円を描くように洗います。水かぬるま湯で丁寧に洗い流します。過剰な皮脂や雑菌が除かれ、皮膚も柔らかくなり、ひげそり時も角質が削れにくくなります。

 (2)化粧水

 シェービング剤を使ってひげをそった後、水分補給します。適量を取り、目の周りを避け、こすらず肌を軽く押さえるように浸透させます。手のひらで付けてもOKですが、ひげが絡みにくい、男性向けのコットンも便利です。

 (3)乳液

 水分の蒸発を防ぐ、ラップのような役割です。べたつきが苦手な人には、さっぱりしたジェルタイプが人気。日焼け止め成分が含まれたものもあります。汗を拭き取った後などは塗り直しが必要です。

    *   *

 紫外線は、肌のしみや老化につながります。最近は「日傘男子」という言葉もあります。しばた洋傘店(同)の柴田篤志専務(42)に、日傘の選び方を聞きました。

 男性用日傘の取り扱いは約50種類にも上ります。軽さ、涼しさ、値段、デザインなどさまざまな基準で選べるようです。雨傘のような見た目に抵抗がある人は、涼しげな風合いの綿素材がお薦め。東レが開発した生地「サマーシールド」は遮光率100%、UV(紫外線)カット率99%以上で、一般的な日傘より4度以上涼しく感じるそうです。

 晴雨兼用の傘はぬれた後、乾くまでしっかり陰干しをするなど、手入れにも気を配りましょう。柴田さんによると「男性が日傘ってかっこ悪いかな…」と迷っていた人も、一度涼しさを体験すると手放せなくなるとか。室内に戻った後の、冷房代の節約にもなるかもしれませんね。

 お助けいただき、ありがとうございました。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ