【ハンドルの先に 高齢運転考】(上)無事故60年まさか自分が

西日本新聞 一面

「運転歴は長く、自分は大丈夫」。そう思っていても、一瞬の出来事で「加害者」になることもある 拡大

「運転歴は長く、自分は大丈夫」。そう思っていても、一瞬の出来事で「加害者」になることもある

 山道の交差点で一時停止し、アクセルを踏み込んだ。下り坂の緩い左カーブ。ハンドル操作が遅れ、気が動転した。ブレーキを踏んだつもりだったが、7人が乗る車は崖から10メートル下に転落。数秒の出来事だった。

 福岡市の山本隆雄(89)=仮名=は2017年、福岡県南部で事故を起こした。知人らを乗せ、なじみの料理店で昼食を取った帰りだった。女性=当時(82)=が亡くなり、山本を含め6人が重軽傷を負った。

 自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で起訴された。裁判では「アクセルとブレーキの踏み間違い」が認定され、判決は有罪。現在も執行猶予中の身だ。

 20代前半で免許を取り、運転歴は60年以上。芸事の先生として、九州だけでなく、四国、中国地方へも車で出掛けた。無事故が自慢だった。「踏み間違いなんて考えられない。まさか事故を起こすなんて」。落ちる瞬間まで思っていた。

    ◇    ◇

 事故後、眠れなくなった。遺族の意向で、仏前に手を合わせることは許されなかった。「死んだ方がまし」。そんなふうに思い悩む時期が1年は続いた。寝室に閉じこもる山本を案じ、家族も泣いた。

 「何でそうなるんかなぁ」。高齢者が起こす事故のニュースを見ても、軽く流していた。今は見るたびに「心が痛い」。自信があるベテランでも「事故はいつ何時起こすか分からない」と思う。

 免許は取り消され、もうハンドルを握ることはない。事故現場には、新たにガードレールが設置された。

    ◇    ◇

 「ピシャッと止まったつもりだったけどねぇ…」

 6月中旬、福岡市内であった高齢者運転講習に、遠山信(79)=仮名=の姿があった。停止線で止まる練習で、30センチ手前にずれてしまった。

 遠山も事故で人を死なせた過去を持つ。12年前の冬、夕方の国道で運転中、歩行者の男性=当時(85)=の飛び出しに気付くのが遅れた。急ブレーキを踏んだが間に合わなかった。「うわっ」という悲鳴が耳に残る。罰金刑を受けた。

 陸上自衛隊を経て、自動車教習所で約6年間教官として指導した経験もある。定年後も自ら運転し、阿蘇でのボランティアなどに参加。運転はお手の物と信じ込んでいた。

 衰えを感じてはいる。同市早良区で起きた6月の多重事故も「人ごとではない」。でも、免許を手放すことはできない。返納した妻を乗せ、買い物や病院に車は欠かせない。「過ちは忘れちゃいかんけど、車は生きがいでもある」

 75歳以上の免許保有者は18年は563万人、21年に613万人に増える。高度成長期のマイカーブームとともに生き、車に格段の愛着を抱く世代でもある。都市と地方で交通事情は異なり、暮らし向きもみな違う。免許返納だけが答えではない。 =敬称略

    ◇    ◇

 早良区で81歳の男性の乗用車が車5台を巻き込み、9人が死傷した事故から4日で1カ月。高齢ドライバーによる悲惨な事故を防ぎ、暮らしをどう支えるのか。九州の現場から考える。

高齢者の死亡事故件数

 警察庁のまとめによると、2018年に75歳以上の高齢者が起こした死亡事故は460件で全体の14.8%を占めた。運転免許証を保有する10万人当たりでは8.2件、75歳未満と比べると約2.4倍に上る。80歳以上は11.1件、20歳未満は11.4件だった。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ