【ハンドルの先に 高齢運転考】(上)無事故60年まさか自分が

西日本新聞 一面

 山道の交差点で一時停止し、アクセルを踏み込んだ。下り坂の緩い左カーブ。ハンドル操作が遅れ、気が動転した。ブレーキを踏んだつもりだったが、7人が乗る車は崖から10メートル下に転落。数秒の出来事だった。

 福岡市の山本隆雄(89)=仮名=は2017年、福岡県南部で事故を起こした。知人らを乗せ、なじみの料理店で昼食を取った帰りだった。女性=当時(82)=が亡くなり、山本を含め6人が重軽傷を負った。

 自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で起訴された。裁判では「アクセルとブレーキの踏み間違い」が認定され、判決は有罪。現在も執行猶予中の身だ。

 20代前半で免許を取り、運転歴は60年以上。芸事の先生として、九州だけでなく、四国、中国地方へも車で出掛けた。無事故が自慢だった。「踏み間違いなんて考えられない。まさか事故を起こすなんて」。落ちる瞬間まで思っていた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ