【★どうが★やさしい日本語】やくしょや がっこう、びょういんで たばこを すうことが できなくなった

西日本新聞

県庁(けんちょう)の外(そと)の喫煙所(きつえんじょ)でたばこを吸(す)う職員(しょくいん)たち 拡大

県庁(けんちょう)の外(そと)の喫煙所(きつえんじょ)でたばこを吸(す)う職員(しょくいん)たち

7(がつ) から、健康(けんこう) についての  法律(ほうりつ) が、(あたら) しく  なりました。

役所(やくしょ) や  学校(がっこう) や  病院(びょういん) では、建物(たてもの) (なか) で  たばこを  () うことが  できません。

たばこを  () う  (ひと) が  () す  けむりが、ほかの  (ひと) の  (からだ) に  (わる) いからです。

福岡(ふくおか) (けん) の  仕事(しごと) をする「県庁(けんちょう) 」も、たばこを  () うところが  へりました。

(まえ) は14か(しょ)   ありました。でも、7(がつ) から、建物(たてもの) の  (そと) に2か(しょ) だけ  になりました。

ですから、建物(たてもの) (そと) で、たくさんの  (ひと) が  たばこを  () っていました。

県庁(けんちょう) で  はたらく  男性(だんせい) は「たばこを  () うために  (そと) に  () くのに、とても  時間(じかん) が  かかります。

いつか、たばこを  やめないと  いけなく  なるかも  しれません」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ