第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

封じ手は辛抱の一手 将棋・王位戦第1局2日目 

西日本新聞 夕刊

 将棋の豊島将之王位(29)=名人、棋聖=に木村一基九段(46)が挑戦している第60期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が4日午前9時、名古屋市東区の料亭「か茂免(もめ)」で再開し、指し継がれた。

 前日の手順が再現された後、立会人の杉本昌隆八段が木村の封じ手6四歩(50手目)を読み上げ、2日目の対局が始まった。

 6四歩は52分の長考。5五の好位置にいる角で左右両辺ににらみを利かせる豊島に対し、自陣が乱れるのを覚悟で角道を止めた辛抱の一手。その後も苦しい防戦が続いた。豊島は2五歩(61手目)で飛車を追い、4四角(63手目)で角と飛車を交換。すかさず銀香両取りの7一飛(65手目)と打ち込み、敵陣を攻め立てた。一方の木村は、4五歩(68手目)と必死の反撃を試みた。杉本八段は「豊島王位が順調にリードを広げて優勢になった。これからどう寄せるのか注目。木村九段はどこまで耐えられるか」と話した。

 4日午後には勝敗が決まる見通し。


 

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ