【余生をどこで】(2)特養「空きがない」 今は昔

西日本新聞 くらし面

建て替えを機に、特養の中に作った土足で入れるカフェ。プレオープンには多くの関係者でにぎわった=6月1日、福岡県田川市の「寿楽園」 拡大

建て替えを機に、特養の中に作った土足で入れるカフェ。プレオープンには多くの関係者でにぎわった=6月1日、福岡県田川市の「寿楽園」

 白とグレーが基調の内装がまぶしい。真新しいコーヒーマシンから、ほのかに湯気と香りが漂う。

 福岡県田川市の小高い丘に立つ特別養護老人ホーム(特養)「寿楽園」。玄関を入ってすぐ左手に、そのカフェの入り口がある。

 「靴を履いたまま入れますよ」。笑顔で出迎えてくれたのは、施設長の下薗聡さん(33)。「施設の中は全部、土足OKです」

 ●いずれ供給過剰?

 同園は1978年に市内初の特養として開設、現在100床。下薗さんは施設長になって6年目となる。

 5月に建て替えを終えた新棟に、自ら発案してこのカフェを併設した。

 「身内の介護が必要になって急いで施設を探す人ばかり。高齢者施設の『壁』をなくして若いうちに接点をもってもらい、将来の選択肢として知ってほしくて」。もちろん、将来の入所者を、早めに確保したい思いもある。「田川の特養は余り気味。いずれ供給過剰になりそうなんです」

 高齢化率が30%を超え、人口減も進む田川市。将来の医療・介護の担い手不足を見据え、有識者でつくる「日本創成会議」が2015年に公表した試算によると、同市は40年には、介護が必要な人に対して、特養などのベッド数が4割以上、上回る-と判明した。

 田川地区1市6町1村の特養は17年度末現在、24施設(1530床)。特養は、自治体が入所申込者や要介護者の数などをもとに3年間の整備計画を立てる。同県は18~20年度、同地区など7圏域で、特養の新設をゼロと決めた。全国の待機者は29万5千人(16年度)だが、主に都市部以外では既に、少なくとも「足りていない」状況ではない。

 「以前は寿楽園も10床ほど空きがあった」と下薗さん。各施設が「企業努力」で、県内外から入所者を集めていたという。寿楽園は建て替え後は「新築で月平均7万円程度の低料金」が人気を集め、今は入所待ちが10人を超える。「でも安心してはいられません。今のうちに、何とか施設に付加価値をつけないと…」

 ●介護職不足で休眠

 一方で、都心部に近い特養も順風ではない。

 福岡市内で、約40年前から地域の高齢者のよりどころとなってきた特養の新館として17年7月にオープンした施設は、予定していた80床の半分しか稼働できなかった。特養は入所者3人に対して1人以上の割合で介護または看護職員が必要となるが、当時は16人しか集まらず、市が開設を認めたのは40床だけだった。「入所待ちの方々に大変申し訳なく、責任を感じていますが…。想像以上に介護職の不足が深刻でした」。施設長(81)は声を落とす。

 介護を学ぶ学生にPRしても反応は鈍く、地元で1600枚の求人チラシを配っても、応じてくれたのは短時間勤務を望む1人だけ。派遣会社や、本館で働いていた職員OBらに声を掛けるなどして、昨年8月には職員が30人に増え、計60床が稼働した。しかし3階部分は“休眠状態”のままで、空床が多ければ当然、経営への影響は避けられない。

 ようやく今月中には全80床分の職員が確保できる見通し。ただ「熱心な職員たちに助けられた」半面、この2年で辞めた職員もいる。「介護機器を導入して負担軽減を図るなど、働きやすい環境づくりに努めているんですが…」。どの施設も職員は不足がちで、職員側にとっては再就職先には困らないのが現状。業界全体に共通する悩みを、施設長は打ち明ける。

 ●重い人もサ高住に

 特養を脅かしかねない懸念はもう一つある。近年増えているサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)など、介護施設以外の存在だ。

 国は15年に特養への入所条件を原則、要介護3以上の「重い人」に限定。一方で、比較的介護度が軽い人向けの受け皿と想定し、サ高住の建設を推進してきた経緯がある。ところが-。「実は高齢者住宅でも重い人を入居させる例があるんですよ」と複数の特養関係者が口をそろえる。「入居者の奪い合いにならなければいいんですが」…。

 こうした高齢者住宅は安否確認や生活相談のサービスはあっても、介護は別契約。重度者の見守りが可能なのだろうか。 

    ×      ×

 【ワードBOX】特別養護老人ホーム

 介護保険法では「介護老人福祉施設」と呼ばれ、主に社会福祉法人が運営する要介護高齢者の生活施設。介護または看護の職員が常駐し、入浴、食事などの介護や世話を行う。原則、要介護3以上が条件。全国に9726カ所あり、57万7千人が利用(厚生労働省、2017年)。終身利用でき、入居一時金も不要。相部屋か個室、また所得などによって料金が異なり、月額約3~13万円。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ