激戦与野党がっぷり 参院選 3氏が第一声、火ぶた切る

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 参院選が4日公示され、大分選挙区(改選数1)には自民現職礒崎陽輔氏(61)=公明推薦、野党統一候補の無所属新人安達澄氏(49)=立憲民主、国民民主、社民推薦、政治団体「NHKから国民を守る党」の新人牧原慶一郎氏(41)の3人が立候補を届け出た。与野党ががっぷり組み合った選挙戦が予想される全国屈指の激戦区。候補は駅前や街頭で声を張り上げて政策を訴え、21日の投票日に向けた17日間にわたる戦いが始まった。

 3期目を目指す礒崎氏は大分市の公園で出陣式。自公の国会議員や同市の佐藤樹一郎市長、経済団体代表者らが駆け付けた。礒崎氏は支持者らを前に「初当選からの公約は景気回復。賃金を上げることが大事だ」と強調。首相補佐官などを務めた実績、幼児教育・保育無償化など政府の政策を唱え、「政治の安定を守る。自公そろって勝たないといけない」と力を込めた。

 白のポロシャツに青いズボン姿で出陣式に臨んだ安達氏。午前9時、JR別府駅前に集まった支持者を前に、森友学園の公文書改ざん問題を引き合いに出し「今の政治は国民ではなく、一部の権力者の方を向いている」と安倍政権を批判。「社会を支えているのはわれわれ庶民だ。現場や地方を大事にする政治を一緒に取り戻しましょう」と訴え、選挙カーに乗り込んだ。

 牧原氏は午前10時ごろ、自ら県庁の立候補届け出受け付け会場を訪れて手続きを行った。その後、報道陣の取材に「今のNHKの受信料制度は不公平。放送法を変えるためには民意が必要」と語った。遊説などはせず、ネットなどで党の主張を訴えていく予定。

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ