九州26人立候補 参院選公示、21日投開票

西日本新聞 一面

 第25回参院選が4日公示され、九州の7選挙区(改選数計9)は26人の立候補が確定した。2016年の前回選挙より3人少ない。老後資金2千万円問題など全国的な論点のほか、熊本地震や九州豪雨からの復興の在り方などを巡り、各地で舌戦が始まった。21日投票、即日開票される。

 立候補者の新旧別は、現職8人、元職1人、新人17人。女性は6人で前回より2人減となった。

 党派別では自民7人、立憲民主2人、国民民主3人、公明1人、共産1人。諸派は、いずれも政治団体の「NHKから国民を守る党」4人、「幸福実現党」2人、「オリーブの木」1人、「安楽死制度を考える会」1人で、無所属は4人。

 改選数3の福岡は、12人が立候補した1947年の第1回参院選に次ぎ、前回と同じ計9人が立候補する混戦となった。

 福岡を除く6選挙区は改選数1の1人区。自民は2013年の前々回、議席を独占しており、その際当選した現職をいずれの選挙区にも擁立した。対する野党は立民、国民、共産、社民4党が候補者を一本化。佐賀の国民元職、長崎の国民新人、宮崎の立民新人のほか、熊本、大分、鹿児島は無所属新人を立てて共闘する。

PR

PR

注目のテーマ