同性婚福岡でも提訴へ 九州初、男性カップル9月にも

西日本新聞 社会面

会見するまさひろさん(右)とこうすけさん=5日午後、福岡市中央区 拡大

会見するまさひろさん(右)とこうすけさん=5日午後、福岡市中央区

 福岡市に住む男性カップルが5日、市内で記者会見を開き、同性婚が認められないのは違憲として、国に損害賠償を求め、9月上旬に福岡地裁で訴えを起こす方針を明らかにした。同席した弁護士によると、同性婚を求める提訴は、九州では初となる。

 会見したのは、会社員のまさひろさん(31)とこうすけさん(29)。2人は同日、市内の区役所に婚姻届を提出した。ただ、国は現行の民法では異性婚が前提と解釈しているため、不受理となる見通し。

 2人は2017年に交際を始め、18年6月には市のパートナーシップ宣誓制度を利用し、宣誓を証明する受領証を交付された。しかし、この制度では相続など結婚によって生じる法的権利や義務を受けることはできない。将来を考え、婚姻届の提出と提訴を決めた。

 こうすけさんは「同性のパートナーを家族として大切に思う人たちが、法的な家族として認められる日が来ることを強く願っています」と話した。

 今年2月、全国の同性カップルが、同性間の婚姻を認めないことは憲法違反として、東京、名古屋など4地裁で一斉提訴した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ