リリー・フランキーとバカリズムが初共演 福岡出身、謎の私生活も披露 FBS、2週連続でトーク番組

西日本新聞 夕刊

 俳優や作家などマルチな才能を発揮している、リリー・フランキー=北九州市出身=とバカリズム=福岡県田川市出身=によるトークバラエティー番組「リリーさんとバカリさん」(FBS福岡放送制作、午後0時35分~同1時半)が7日、14日、2週連続で放送される。

 初共演となる2人は、お互いの印象や、出身地の話のほか、東京で行われている福岡県人会にまつわる井上陽水とのエピソードなどを披露する。

 独身で美女好きという共通点があり、スタッフが福岡の街角で発見してきた博多美人のVTRを見ながら、好みのタイプや結婚観などを語り合う。休日の過ごし方など、今まで謎に包まれてきたプライベートが明らかにされる。

 14日は、アイドルに詳しい2人が、ひしめき合う福岡の最新アイドル事情に迫る。福岡県出身のグラビアアイドルの人生相談では、2人らしい答えを導く。

 リリー・フランキーは、テレビアニメ化された絵本「おでんくん」などイラストレーターとして活躍。長編小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」は220万部を超えるベストセラーになった。出演した2018年公開の映画「万引き家族」はカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した。

 バカリズムは、05年からピン芸人として活動。テレビ番組を中心に活動するかたわら、役者、脚本、イラストなど多方面で活躍する。バカリズム原作・脚本・主演のテレビドラマ「架空OL日記」は第36回向田邦子賞を受賞した。

PR

PR

注目のテーマ