作兵衛ドキュメント 6日から上映 7日トークイベントも 小倉昭和館 黒田征太郎さんら

西日本新聞 北九州版

 筑豊の炭鉱記録絵師、山本作兵衛さん(1892~1984)に迫るドキュメンタリー映画「作兵衛さんと日本を掘る」の上映が6日、小倉北区の小倉昭和館で始まる。7日には熊谷博子監督と、田川市のトンネルで作兵衛さんの記録画を模写したイラストレーター黒田征太郎さん(北九州市)のトークイベントがある。

 作兵衛さんは炭鉱で働いた経験を子孫に伝えたいと絵を残し続け、記録画は2011年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界の記憶(世界記憶遺産)となった。映画は親族や交流のあった人の証言を基に、炭鉱や社会について掘り下げる。

 上映は12日まで。料金1800円。トークイベントは7日午後2時40分からで、映画鑑賞料金で観覧可能。

PR

PR

注目のテーマ