週末の繁華街 2陣営論戦 参院選 閣僚や党代表駆け付ける

西日本新聞 長崎・佐世保版

 参院選公示後、初めての週末を迎えた6日、長崎選挙区(改選数1)の候補者2陣営は、有権者が多い繁華街や大型商業施設前などで支持を訴えた。年金問題、地方創生…。現職閣僚や政党トップが応援に駆け付け、選挙戦の争点を巡って与野党が論戦を展開した。

 自民現職の古賀友一郎氏(51)が長崎市中心部で開いた街頭演説会では、片山さつき地方創生担当相がマイクを握った。高齢者や女性、外国人労働者を含め「誰も置き去りにしない社会をつくる」と語り、自身が取り組む地方創生の分野では、地方で自動車の運転免許証を返納しても安心できる移動手段を各地に提供していく構想を紹介した。

 古賀氏は、年金をはじめとした社会保障に関し「制度維持は簡単ではない。努力を積み重ねる必要がある」と語った。陣営によると8日には小泉進次郎衆院議員が応援のため長崎市入りする予定があるという。

 4野党共同候補の国民民主新人、白川鮎美氏(39)は6日、出身地の佐世保市内を中心に遊説。同党の玉木雄一郎代表も同日夕に佐世保入りし、アーケード街で買い物客らと次々に握手して回った。

 玉木氏は応援演説で、老後資金2千万円問題を念頭に「政府は都合の悪いことを隠している。正直な政治を取り戻したい。野党の議席を増やすために白川さんを国会に上げたい」と訴えた。白川氏は野党共同候補であることを踏まえ「各党の代表として出馬している。多くの人の期待に応えて政治を変えたい」と声をからした。

 政治団体「NHKから国民を守る党」新人の神谷幸太郎氏(43)は県内で選挙運動をしないとしている。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ