若者に政治への注文聞く 福岡市で学生NPO 参院選投票率向上目指し

西日本新聞 ふくおか版

 若者に参院選への関心を持ってもらおうと、大学生らでつくるNPO法人「ドットジェイピー」(本部・東京)の福岡支部は6日、福岡市博多区のJR博多駅前で、「政治に求めること」などをテーマにインタビューを行った。

 同支部スタッフの大学生が通行中の若者に声を掛け、政治への望みや注文を書いてもらったホワイトボードを撮影。写真はツイッターで紹介するという。

 若者の意見で目立ったのは、10月の消費税増税。「増税分を社会保障に回して」と記した福岡市博多区の会社員、石戸谷隆浩さん(22)は「将来、年金がもらえるか不安。安心した生活を送れるように仕組みを整えてほしい」との思いを込めた。

 スタッフの佐賀大2年、有田裕貴さん(19)は「1票から世の中を変えられる。今日会った人が1人でも多く投票に行ってほしい」と話した。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ