天草に泊まって「タコステーキ」を

 マダコ漁が最盛期を迎えた熊本県天草市有明町で、民宿組合がタコの8本足にちなんだ「天草ありあけタコ八料理」を考案し、宿泊とセットで売り出すキャンペーンを始めた。目玉はタコステーキだ。

 松本国雄組合長(76)によると、タコ1匹を丸ごと軟らかく煮た料理で、ナイフとフォークで食べるのでステーキ。2006年に命名して提供を始めると、強烈なビジュアルも受けて「いまや町の名物です」。

 キャンペーンには民宿4軒が参加。ステーキやたこ飯、天ぷらなど定番の他に“あの足この足”の独自メニューも加え、個性豊かなタコ八料理を競う。

熊本県の天気予報

PR

PR