「不正を黙認」かんぽ不適切営業、失望する現場 乗り換え隠し契約が横行

 かんぽ生命保険の不適切な販売問題を巡り、一部の郵便局員が保険契約時に支給される手当金や営業実績を増やす目的で「乗り換え潜脱(せんだつ)」と呼ばれる不正行為を繰り返している実態が明らかになった。顧客は、保険料の二重払いや無保険状態になるなど甚大な不利益を被っており、同社のコンプライアンスが問わ...

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR