球児たちの「熱い夏」スタート 玉名、熊本商コールド勝ち 高校野球熊本大会

西日本新聞 熊本版

 第101回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は7日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で開幕し、開会式と1回戦2試合があった。憧れの甲子園を目指し、球児たちの熱い夏が始まった。

 開幕戦となった玉名‐天草拓心は同点の六回、一挙6得点の猛攻を見せた玉名が七回コールドで初戦を突破した。第2試合の熊本商‐鎮西は、熊本商が三回から毎回得点を重ね、六回コールドで鎮西を退けた。

 大会には59校58チームが出場し、同球場と県営八代野球場で熱戦を繰り広げる。順調に日程が進めば決勝戦は22日午前10時から、リブワーク藤崎台球場で行われる。

熊本総局が移転しました

熊本総局 移転先地図

西日本新聞熊本総局が移転しました。新しい総局は、熊本市中央区の熊本桜町バスターミナルに近い坪井川沿いです。電話、FAX番号も変更となりました。

▼移転先
住所 〒860―0805 熊本市中央区桜町2番17号第2甲斐田ビル9階
電話 096(323)1851
FAX 096(323)1853

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ