権利擁護センター開所 対馬市 社協本所に開所 利用呼び掛け

西日本新聞 長崎・佐世保版

 対馬市社会福祉協議会(松井旦寿会長)は、認知症や精神障害などで判断能力が十分でない人を、成年後見制度によって支援する「権利擁護センターつしま」を同市豊玉町の社協本所に開設した。

 同制度は、家庭裁判所が選任した成年後見人(親族や弁護士など)が財産管理や契約手続きを代行。センターでは、窓口や電話で相談に応じ、必要と判断した場合は社協が法人後見人となって生活を手助けする。

 開所式と記念式典は1日にあり、同社協事務局長で権利擁護センターつしまの龍井久美センター長は「社協が後見人となることで、制度をより身近に感じてもらえるようになる。継続した支援ができる」などと説明し、利用を呼び掛けた。

 権利擁護センターつしま=0920(58)0071。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ