南部大会開幕 筑後勢9校熱戦 福島、久留米商、三潴が勝利 高校野球福岡大会

西日本新聞 筑後版

【福島‐久留米高専】8回、久留米高専から追加点を奪う福島 拡大

【福島‐久留米高専】8回、久留米高専から追加点を奪う福島

 第101回全国高校野球選手権福岡南部大会の試合が7日、始まった。久留米市野球場など4会場で1、2回戦計10試合があった。筑後勢は8試合に計9校が登場し、福島、久留米商が2回戦、三潴が3回戦に進んだ。

 福島と久留米高専の筑後勢同士の対戦は、福島が初回に2点先制、九回に3点を奪われるも、7‐4で制した。

 昨年シードの久留米商は筑紫中央を序盤からリードし、11‐2で七回コールド勝ちした。三潴は香住丘から二回に2点を先制。リードを守り5‐2で初戦を突破した。

 純真に先制された伝習館は四回に2点を返し逆転したが、六回に勝ち越され2‐3で敗退。筑紫台と対戦した山門は序盤7失点から後半追い上げるも及ばず、6‐8で敗れた。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ