北九州など3回戦へ 小倉工、東筑紫学園は快勝 高校野球福岡大会

西日本新聞 北九州版

 第101回全国高校野球選手権福岡北部大会は7日、小倉北区の北九州市民球場など3会場で2回戦9試合が行われた。北九州・京築勢10チームが8試合に登場し、北九州など5チームが3回戦に駒を進めた。

 北九州は速球が持ち味の木村仁投手(3年)が中間打線を2点に抑えて完投した。シード校の小倉工は直方と対戦。一回に2点を先制し、その後も4点を追加して最後まで優位に進めた。小倉商は九回に12点を挙げ快勝。青豊も打線が強力で、折尾に勝利した。

 東筑紫学園は三回に10点を挙げるなどで宇美商を突き放した。小倉西と連合(若松商・遠賀・筑豊・行橋)はそれぞれ近大福岡と田川に屈した。八幡中央は鞍手の投手を最後まで攻略できず敗退した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ