今年も夏祭り「夜のすいぞくかん」 福岡市のマリンワールド海の中道 光と音で幻想的な「夜」演出

西日本新聞 夕刊

愛らしいしぐさで来館者を和ませる「夜のラッコライブ」 拡大

愛らしいしぐさで来館者を和ませる「夜のラッコライブ」

 福岡市東区西戸崎にあるマリンワールド海の中道で、今年で20周年となる夏季恒例のイベント「夜のすいぞくかん」が始まる。期間は13日~15日、20日~8月31日、9月の土、日曜と祝日。通常は午後5時半までの営業時間を同9時半まで延長する。

 館内の照明を同6時から「夜のすいぞくかん」仕様に切り替え、光と音で幻想的な「夜」を演出する。2万匹のイワシの大群による「音と光のイワシショー」や小型カメラでラッコの愛らしい表情を追う「夜のラッコライブ」、寝床に向かうペンギンを間近で見る「おやすみペンギン」などが楽しめる。人気の「夜のイルカショー」は平日が同8時、土、日曜と祝日、お盆期間中は同7時と同8時の2回行われる。

 入館料は高校生以上2300円、中学生1200円、小学生千円、4歳以上の未就学児は600円。浴衣着用の来館者は2割引きとなる。問い合わせは、マリンワールド海の中道=092(603)0400。

PR

PR

注目のテーマ