『二十歳の原点 コミック版』 高野悦子原作、岡田鯛作画 (双葉社、1080円)

西日本新聞 夕刊

 1969年、ピークを迎えていた学園闘争への疑問を抱え、「誠実であろう」と苦悩しながら、20歳で自死した大学生・高野悦子。現代を生きる大学生の杉田莉奈は、ある日、意識を失い、目が覚めると当時の高野悦子と出会う。ベストセラー遺稿集を漫画化。

PR

PR

注目のテーマ