国際情報、延長戦制す 雄城台、舞鶴も2回戦へ 高校野球大分大会

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は9日、大分市の別大興産スタジアムで1回戦3試合があり、大分雄城台、大分舞鶴、大分国際情報が勝ち進んだ。

 大分雄城台と佐伯鶴城の一戦は両チームとも2桁安打の乱打戦となり、最終回の佐伯鶴城の反撃を1点に抑えて、大分雄城台が勝ち上がった。大分舞鶴は勝負強い打撃で得点を重ね、エースの常広羽也斗(3年)ら3人の零封リレーで中津北に八回コールド勝ちした。

 大分国際情報と日出総合は中盤からシーソーゲームとなり、大会初の延長戦に。十回、5番繁広大(同)の決勝打で勝利をもぎ取った。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ