日田彦山線問題、知事答弁巡り中断 県議会

西日本新聞 ふくおか版

 県議会は9日、予算特別委員会の知事保留質疑を行い、九州豪雨により一部区間で不通が続くJR日田彦山線の復旧問題について議論した。鉄道での復旧を求める県議の質問に対する小川洋知事の答弁に「熱意が感じられない」として、委員会は中断。質疑は10日に持ち越された。

 同線の復旧方法について、JR九州は鉄道、バス高速輸送システム(BRT)、バスの三つの復旧案を提示している。

 知事は昨年の決算特別委で「鉄道復旧に向け、職を賭す、政治生命をかける覚悟」と話していた。予算特別委で小河誠嗣氏(緑友会)は「復旧ができない場合、どう責任を取るのか」と質問。知事は「地域の意見を聞いた上で、どういう方策が望ましいか沿線自治体とともに考えて解決に向けて取り組む」とかわした。

 高瀬菜穂子氏(共産)は「知事の姿勢が変わった」と追及。知事は「考え方に変わりはないが、JR九州の考え方も地域に説明して声を聞くことになった」と答えたが、高瀬氏は「覚悟が見えない」と批判した。

 西元健氏(自民)は「県民に寄り添い、熱意を持って問題を解決するという気持ちが全く伝わらない。信頼関係が築けない」と反発。審議は中断し、そのまま散会した。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ