ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち

西日本新聞

モローHP 拡大

モローHP

象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モロー(1826‐1898)は、神話や聖書をテーマにした作品で知られています。産業の発展とともに、現実主義的、物質主義的な潮流にあった19世紀後半のフランスにおいて彼は、幻想的な内面世界を描くことで、真実を見いだそうとしました。

福岡市美術館で開催される本展は、そのようなモローが描いた女性像に焦点をあてた展覧会です。出品作品は、パリのギュスターヴ・モロー美術館が所蔵する、洗礼者ヨハネの首の幻影を見るサロメを描いた名作《出現》や、貞節の象徴とされた幻獣を描いた《一角獣》を含む油彩・水彩・素描など約100点によって構成されます。

《日程》 2019/10/01(火) 〜 2019/11/24(日)

《時間》09:30 〜 17:30   ※10月の金・土曜は~20:00 (入館は閉館の30分前まで)

《休館日》毎週月曜日(ただし10月14日(月・祝)、11月4日(月・振休)は開館。 10月15日(火)、11月5日(火)は休館)

《料金》一般1,500円(1,300円)、高大生800円(600円)、小中生500円(300円) ※( )内は前売りおよび20名以上の団体、満65歳以上の割引料金。※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料 

《主催》福岡市美術館、西日本新聞社、TNCテレビ西日本、TVQ九州放送

《URL》https://www.fukuoka-art-museum.jp

《問い合わせ先》  TEL: 092-714-6051(代表)

 

[画像キャプション]
ギュスターヴ・モロー《出現》1876年頃
ギュスターヴ・モロー美術館蔵
Photo © RMN-Grand Palais / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF 

 

さらに詳しい情報は「九州、山口の展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE」をチェックしてください。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ