福岡アジア文化賞30年記念 受賞監督らの6作品を上映 10~15日、福岡市総合図書館シネラ

西日本新聞 ふくおか版

 アジアの文化芸術や学術研究に貢献した個人や団体に贈る福岡アジア文化賞の30年を記念し、福岡市早良区百道浜の市総合図書館映像ホール・シネラで10~15日、これまでに受賞した監督らの作品を上映する。

 同賞は1990年に福岡市などによって創設され、映画関係者もこれまで監督や作曲家10人が受賞。上映会では、第1回創設特別賞受賞の黒澤明監督がベネチア映画祭でグランプリを獲得した傑作「羅生門」や、第8回芸術・文化賞受賞の韓国のイム・グォンテク監督が伝統芸能のパンソリを用いた「春香伝」など6作品が鑑賞できる。

 観覧料(すべて当日券)は大人500円、大学・高校生400円、小中学生300円。問い合わせは同図書館=092(852)0600。

PR

PR

注目のテーマ