博多人形店、博多駅から消える 「陸の玄関口」最後の2店舗が“同時”閉店 業界内外に衝撃、戸惑い

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 福岡市のJR博多駅構内の商業施設「マイング」に半世紀以上前から出店していた博多人形専門店の「増屋(ますや)」と「はくせん」(ともに福岡市)が、店舗を同時に撤退していたことが分かった。博多駅に博多人形店は他になく、両社の撤退で出店は消滅。福岡を代表する伝統工芸品の発信拠点が、九州の陸の玄関から姿を消す事態になり、業界内外で驚きと戸惑いの声が広がっている。

 マイングは構内北側の1階に広がり、約3700平方メートルの売り場に総菜や和洋菓子、みやげ雑貨、服飾、飲食店など約90店が出店している。運営会社の「博多ステーションビル」(福岡市)によると、増屋とはくせんは施設西側のみやげ雑貨売り場に隣接し、博多織も取り扱う「博多駅店」を営業していたが、ともに販売不振を理由に6月20日付で閉店した。両店そろっての閉店は「偶然」という。

 施設は、博多駅移転に伴い1963年に開業した旧駅ビルの1階「博多駅名店街」(89年に名称変更)が前身で、両店ともに名店街開業と同時に出店した。

 両店によると、博多駅での人形販売は山陽新幹線が開通した75年にピークを迎えたが、その後は緩やかにダウン。一時は駅構内に10店ほどあったという人形店は、いつしか2店のみに。2011年の九州新幹線鹿児島ルート全線開通で大きく巻き返すこともなかったという。

 同社によると、マイングへの1日平均来場数は約5・7万人に上り、2017年度の売上高は前年度を上回る約85億円を計上。はくせん店主の下沢善四郎さん(69)は「出張族や修学旅行の子どもたちに大人気だったのも今は昔。時代なのかなあ」と肩を落とす。

 この閉店に伴い、増屋は4人、はくせんは3人、従業員を解雇することに。増屋は博多区上川端の本店1店、はくせんは「博多町家ふるさと館」の土産品売り場を生かした通信販売へと事業縮小。増屋店主の田中哲さん(58)は「すべて自己責任。でもあきらめてはいない。経営を立て直し、もう一度出店できるよう努めたい」と気丈に話す。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ