東筑、北九州市立コールド勝ち 高稜は再逆転許し敗退 高校野球福岡大会

西日本新聞 北九州版

 第101回全国高校野球選手権福岡北部大会は10日、小倉北区の北九州市民球場など2会場で2回戦5試合を行った。東筑と北九州市立の2校がコールド勝ちで3回戦進出を決めた。

 東筑は、二回に一気に7点を挙げて京都を大きくリード。京都も六回に4点を返して粘るも届かなかった。玄界と対戦した北九州市立は初回、先頭打者の三塁打を皮切りに3点を先制。七回、玄界に2点を許したが、7点差で下した。

 高稜は新宮に先制されたが五回表に逆転。しかし、その裏に再逆転を許し、敗れた。門司大翔館は鞍手竜徳と対戦。四球で塁上をにぎわせたが、決定打が出ず零封負けした。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ