玄海原発差し止め認めず 福岡高裁抗告棄却 「具体的危険ない」

西日本新聞 社会面

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)を巡り、住民側が運転差し止めを求めた仮処分の即時抗告審で、福岡高裁(山之内紀行裁判長)は10日、「原子炉施設の運転により重大な被害を及ぼす具体的な危険があるとは認められない」として、申し立てを却下した2017年6月の佐賀地裁決定を支持、住民側の即時抗告を棄却した。

 即時抗告したのは「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の173人。耐震設計の目安となる基準地震動の算出方法の不当性のほか、原子炉の冷却水が流れる配管の老朽化が重大事故を招く可能性、阿蘇カルデラ(熊本県)の巨大噴火リスクを主張していた。

 高裁決定は、九電の基準地震動の算出過程に「不合理な点は見当たらない」と指摘。配管の安全性についても「九電は対策に適切に取り組んでいる」とした。

 噴火リスクについては、原子力安全規制以外の分野で法規制や防災対策がなされておらず、「巨大噴火を想定しなくても容認できるという社会通念を反映している」と判断。「巨大噴火の可能性が相応の根拠で示されない限り、原子炉施設が安全性に欠けるとはいえない」と結論付けた。

 住民側は最高裁への特別抗告を見送る方針。

 玄海原発3、4号機については、別の住民グループも運転差し止めを求めているが、佐賀地裁は昨年3月に仮処分申し立てを却下。住民側が即時抗告し、今年3月に福岡高裁での審尋が終結している。

■住民「理不尽」九電「妥当だ」

 九州電力玄海原発3、4号機の運転差し止めを求めた申立人の住民や代理人弁護士らは10日、福岡市内で記者会見し、即時抗告を棄却した福岡高裁決定への不満をあらわにした。

 住民グループ代表の石丸初美さん(67)は「私たちは福島第1原発事故の犠牲に学ばないといけないのに、司法は国の原発政策を追従している。理不尽で、不合理な判決だ」と憤った。

 武村二三夫弁護士は「行政や大企業を守る理屈を考えるのが裁判所なのか。国民には原発反対の意見もあるが、それを無視して勝手に(巨大噴火のリスクを想定しなくていいという)社会通念をつくっている」と語気を強めた。

 一方、九州電力は「当社の主張が認められ、妥当な決定をいただいた。今後とも原子力発電所の安全確保に万全を期していく」と評価。佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長は「九電は慢心することなく、今後も安全確保を最優先し、さらなる安全と安心につながるよう、丁寧かつ慎重に取り組んでほしい」とコメントした。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ