かんぽ不正契約9万件 二重払い分返還へ 「顧客に不利益」社長が謝罪

西日本新聞 一面

 かんぽ生命保険が保険料を二重払いさせるなど顧客に不利益となる不正な契約を繰り返していた問題で、同社の植平光彦社長は10日、東京都内で記者会見し「多数の顧客に不利益を生じさせ、信頼を損ねたことに関し、深くおわびを申し上げる」と謝罪した。顧客に不利益が生じた契約は9万件を超えており、2007年の郵政民営化以降、最大の不祥事。金融庁は事態を重くみて、業務改善命令などの検討に入った。

 かんぽ生命は当初、顧客が同意しているとの理由で「不適切な販売ではない」としていたが、西日本新聞が二重払い問題を報じたことなどを受け、これまでの姿勢を一転させた。

 植平氏は今後の対応について「不利益の解消に向け全社体制で対応する」と述べ、自らを本部長とする顧客対応本部を設置すると表明。顧客の意向を確認した上で、無保険状態になるなどした契約は復元し、二重支払い分の金額も返還すると言明した。具体的な時期は示さなかった。日本郵政と日本郵便を含めたグループ3社で外部有識者を入れた第三者委員会を設置し、今後の調査を進める。

 会見には、販売の大半を委託されている日本郵便の横山邦男社長も同席した。横山氏は不正が起きた背景について、低金利で保険販売が厳しくなる中で「営業目標が時代に合っていなかった」と釈明。過剰なノルマなどを見直す方針を示した。不正な販売の違法性、組織的な関与の有無には言及しなかった。両社長は引責辞任を否定した。

 一連の問題では、顧客に保険料を二重払いさせていたケースが16年4月~18年12月に約2万2千件、一時的に無保険になったケースが約4万7千件あったことが本紙の取材で判明した。乗り換え時に健康状態の悪化などを理由に再契約できなかった事例など、顧客が不利益を被った事例も19年3月までの5年間で約2万3900件あった。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ