日田林工が接戦制す 大分上野丘、臼杵コールド勝ち 高校野球大分大会

西日本新聞 大分・日田玖珠版

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は11日、大分市の別大興産スタジアムで1回戦3試合があり、大分上野丘、臼杵、日田林工が勝ち、2回戦に進出した。12日から2回戦に入る。

 大分上野丘は五回、打者一巡の猛攻で7得点し、そのまま楊志館に七回コールド勝ち。臼杵は終盤に相手の守備の乱れを突いてたたみかけ、八回コールドで快勝した。日田林工は中盤に作った無死満塁のチャンスから3得点、別府鶴見丘の反撃を抑え1点差で逃げ切った。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ