八代、延長十回サヨナラ 高校野球熊本大会

西日本新聞 熊本版

【熊本高専熊本-開新】2回裏2死二塁、熊本高専熊本はホームを狙うランナーを中継プレーで捕殺 拡大

【熊本高専熊本-開新】2回裏2死二塁、熊本高専熊本はホームを狙うランナーを中継プレーで捕殺

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は11日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場と県営八代野球場(八代市)で10日に雨で順延となっていた1回戦5試合が行われた。

 シードの八代は、延長戦の末、水俣にサヨナラ勝ち。湧心館・松橋の合同チームと小川工は接戦を制し、初戦突破。初回から9点を挙げた開新と、序盤から着実に得点を重ねた人吉はコールド勝ち。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ