シード星琳と常磐3回戦へ 戸畑工、八幡は健闘及ばず 高校野球福岡大会

西日本新聞 北九州版

 第101回全国高校野球選手権福岡北部大会は11日、小倉北区の北九州市民球場など2会場で2回戦4試合を行った。常磐とシードの星琳が3回戦進出を決めた。

 常磐は六回に一挙5点を挙げ、田川科学技術に七回コールド勝ち。エースの江草佑大投手(3年)がテンポの良い投球で、相手打線を2安打に抑えた。嘉穂と対戦した星琳は、五回に主砲の石松爽捕手(2年)の適時打などで3点を先制。七回には2点を奪い突き放した。

 戸畑工は水産に8点をリードされた六回に4点を返すなど、粘りを見せたが及ばなかった。大和青藍と対戦した八幡は初回に2点を先制したが、六回に勝ち越され涙をのんだ。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ