大和青藍が初戦突破 田川科学技術と嘉穂は敗退 高校野球福岡大会

西日本新聞 筑豊版

 全国高校野球選手権福岡北部大会は11日、北九州市民球場などで4試合が行われた。筑豊勢は大和青藍が3回戦に駒を進めたものの、田川科学技術と嘉穂は初戦突破はならなかった。

 大和青藍は初回、八幡に先制を許したが、四回までに同点に追いつくと六回に逆転。そのまま逃げ切った。

 田川科学技術の初戦の相手は、昨年と同じ常磐。畠中秀義投手(3年)の力投もあり、四回までは0‐1と緊迫した展開となったが、その後は失点を重ね、七回コールドで敗れた。

 嘉穂はシード校の星琳と対戦。四回まで無得点に抑えていた田畑和志投手(2年)が五回に失点。継投した井筒誠志投手(3年)も失点を許し、0‐5で敗退した。

 12日はシード校の飯塚と東鷹が対戦する予定。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ