「オイサ」博多駅前に響く 山笠「他流舁き」

西日本新聞 社会面

 博多祇園山笠は11日、舁(か)き山笠が流(ながれ)の区域外に繰り出す「他流舁き」があり、福岡市博多区のJR博多駅前広場に五番山笠・東流(坪井治総務)が登場。平安期の伝説の盗賊、熊坂長範の山笠人形を披露した。

 午後6時すぎ、数百人の水法被姿の舁き手たちが「オイサ」の掛け声とともに到着。JR九州の中野幹子博多駅長が出迎える中、坪井総務が「皆さまのいやさかを祈念します」とあいさつ。「博多祝い唄(祝いめでた)」を唱和し、博多手一本を入れると、見物客から拍手が起こった。

 中野駅長は「受け継がれた歴史を感じ、だからこそ博多には活気があるのだと思った」と感心しきり。同市東区の会社員本田敦美さん(34)は「近くで見てすごい迫力だった。『祝いめでた』が聴けて良かった」と話した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ