【★どうが★やさしい日本語】けがをした とりの「ハト」が みつかった  けいさつが しらべている

西日本新聞

白(しろ)い矢(や)のようなものが刺(さ)さった「ハト」 拡大

白(しろ)い矢(や)のようなものが刺(さ)さった「ハト」

宮崎(みやざき) () で、けがをした  (とり) の「ハト」が  () つかりました。

(くび) に、(しろ) い「() 」のようなものが  () さっています。

() 」は、(さき) が  とがっていて、「(ゆみ) 」という  道具(どうぐ) を  使(つか) って  () ばす  武器(ぶき) です。

(だれ) が  ハトに  () したのかは  わかりません。警察(けいさつ) が  調(しら) べています。

宮崎(みやざき) (けん) の  (ひと) は、ハトを  (たす) けるつもりです。

ハトは  元気(げんき) が  なくなっています。

でも、ときどき  () ぶので、しばらく  () ってから  (つか) まえて  (たす) けます。

宮崎(みやざき) (けん) の  (ひと) は「自然(しぜん) の  (なか) で  () きている  動物(どうぶつ) に  (きず) を  つけるのは  やめてください」と  (はな) しています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

宮崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ