島原完封で2回戦へ 5試合がコールド勝ち 高校野球長崎大会

西日本新聞 長崎・佐世保版

 第101回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は12日、県営野球場(長崎市)と佐世保市総合グラウンド野球場で1回戦6試合があった。

 鹿町工は四回に7点を挙げるなど、大量12得点で諫早商・島原翔南の合同チームに五回コールド勝ち。清峰は三回まで毎回得点を重ね、主戦の太田が長崎南打線を7奪三振、無得点に抑えて八回コールド勝ち。

 佐世保商は六回に打者9人で5点を挙げ、8-1で七回コールド勝ち。上五島、西彼杵も七回コールドで2回戦に進んだ。

 島原は二回に挙げた1点が決勝点となり、1-0で長崎西に競り勝った。

長崎県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ