雨ニモマケズ プール開き 福岡市・海の中道海浜公園

西日本新聞 夕刊

あいにくの雨の中、流水プールではしゃぐ子どもたち=13日午前9時半ごろ、福岡市東区 拡大

あいにくの雨の中、流水プールではしゃぐ子どもたち=13日午前9時半ごろ、福岡市東区

 福岡市東区の海の中道海浜公園内の「サンシャインプール」で13日、プール開きがあった。3連休初日はあいにくの雨となったが、家族連れが水しぶきを上げて夏の始まりを楽しんだ。

 オープニング式典では、保育園児12人が「ルールを守って仲良く楽しく遊ぶことを約束します」と元気よく宣言。西日本最大級とされる全長約300メートルの流水プールでは浮輪をした子どもたちが水を掛け合ってはしゃいでいた。

 家族5人で初めて訪れた福岡県小郡市の小学1年、中地広人君(6)は「(水が落ちてくるバケツなどがある)ウオータージャングルが楽しかった。夏休みも来たい」と笑顔だった。プールは開業37年目で、来場者数は累計850万人に達する見込み。営業は15日までと、今月20日~9月1日、同7、8日。

 福岡管区気象台によると、福岡県は14日は雨のち曇り、15日は曇りの予報。九州北部の平年の梅雨明けは19日ごろだが、今年はそれより遅れる見込みという。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ