『マーガレット・ドラブル 文学を読む』 永松美保著 (九州大学出版会・5184円)

 『碾臼』『昏い水』などの作品で知られる現代英国の女性作家、マーガレット・ドラブル。その作風は、リアリズムからフェミニズム、ポストモダニズムへと変化を重ねている。九州共立大教授の英文学者が、本人へのインタビューも交え、主要作品を詳細に分析した。

関連記事

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

読書 アクセスランキング

PR