「トランプ大統領と何でも言い合える仲なのは、世界の首脳で安倍首相だけだ」

西日本新聞 社会面

 「トランプ大統領と何でも言い合える仲なのは、世界の首脳で安倍首相だけだ」。外務省幹部との懇談では日米首脳の蜜月ぶりがよく語られる。確かに4月から3カ月連続で首脳会談をしたし、しばしば一緒にゴルフをするなど仲も良さそうだ。だが、本当に蜜月なのかともやもやする。

 6月末に大阪で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)では、トランプ氏が閉会後の記者会見で不公平な日米安保の見直しを求めたと話題に。近年、こうはっきりと不満をぶつけた大統領はおらず、日本政府は慌てて不公平発言の火消しを図った。

 トランプ氏は在日米軍の駐留経費を巡る負担の増額などをさらに求め、防衛装備品の追加購入も迫るかもしれない。日本の安全保障は日米同盟を基軸とするため、トランプ氏の歓心を買うのは仕方ない面もある。だが一方的な要求が続けば世論は蜜月と見なさず反発し、日米同盟は揺らぎかねない。 (塩入雄一郎)

PR

PR

注目のテーマ