唐津の夜 6000発が彩る

西日本新聞 佐賀版

ライトアップされた唐津城をバックに打ち上がる花火 拡大

ライトアップされた唐津城をバックに打ち上がる花火

 第67回九州花火大会(唐津市などの実行委員会主催)が14日夜、唐津市西の浜であった。県内外から観光客ら約23万人(主催者発表)が訪れ、約6000発の花火を堪能した。

 午後8時に打ち上げが始まると、会場周辺は大きな歓声に包まれ、直径500メートルに達する「2尺玉」や、全長500メートルの仕掛け花火「ナイアガラ」が唐津の夜を鮮やかに彩った。

 この日は同市東唐津の東の浜で、唐津をもじった「キャ夏祭り」も初開催され、大綱引きやライブイベントを楽しむ市民でにぎわった。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ